カルバトールの購入方法

カルバトールはテグレトールのジェネリックとして、薬にかける費用を抑えつつ治療を行えるということで大きな意味があります。
しかしながらカルバトールは日本国内だとまだ処方薬としての認可が下りていないため、入手をするのであれば病院以外で調達する必要があるのです。
ではカルバトールを手に入れるには、購入するにはどうすれば良いのかというと、選択肢は二つです。
まず一つ目が「海外の病院を受診する」ということです。
海外、例えば欧米などではカルバトールが既に認可されて処方されているような地域も多くありますから、そうした地域の病院を受診して処方をされるのであれば何も問題はないでしょう。
ただカルバトールが欲しいからという理由だけで海外の病院を受診する人などほぼ間違いなくいませんし、そこまでの費用をかけるのであればジェネリックであるカルバトールより、新薬のテグレトールを使った方が良いのでこの方法は現実的ではありません。
そこで出てくるのがもう一つの方法、「個人輸入」です。
個人輸入は現地法人などにコンタクトを取って個人向けに商品を販売してもらうという方法になっており、個人で使用をするのであれば日本国内でも犯罪とはされません。
最近だとインターネット上の個人輸入代行業者を使うことによってこれまでよりも遥かに簡単に医薬品の個人輸入が出来るようになりましたから、そうしたサービスを探してみるというのが現実的な方法と言えるでしょう。
もう暫くの時間が経てばカルバトールも日本国内で処方されるようになる可能性は高いのですが、それよりも早く服用したいというのであれば、こうした個人輸入を考える必要があります。
ただ個人輸入で購入した医薬品に関しては他人に譲れないという規制がありますから、ここだけは事前に確認しておくようにしたいところです。
■てんかん発作の治療薬
テグレトールの効果・副作用について
ラミクタール