てんかんにカルバトールと三叉神経痛にも適用できる

カルバトールは、てんかんの治療で用いられる抗てんかん薬「テグレトール」のジェネリック品のことです。抗てんかん薬には様々な種類がありますが、脳神経の異常な興奮をしずめる作用があるという点が共通しています。
カルバトールに特徴的な点は、急激に意識を失い、次いで身体を縮こまらせたり突っ張らせたりする動きがみられる「強直間代発作(大発作)」や、身体の異常な運動や異常な感覚、自律神経失調(例:発汗、動悸)、精神変調(例:怒りっぽくなる、気分の落ち込み)、刺激への無反応といった「部分発作」に対して効果を発揮することが挙げられます。
また、抗てんかん薬はその作用から、不安定な気分を安定させる目的でも用いられています。そのため、てんかんではなくても、双極性障害(双極性障害I型・II型、単極性うつ病など)をはじめとする様々な精神疾患の患者にカルバトールが処方されることがあります。
さらに特筆すべきは、テグレトールは三叉神経痛にも適応できる薬だということです。三叉神経痛は、顔の知覚を司る脳神経である三叉神経が、何らかの原因で異常に興奮してしまい、顔面に激しく不快な痛みが引き起こされてしまう病気です。そこで、異常な神経の興奮をしずめるという作用をもつ抗てんかん薬の力によって脳神経の興奮を抑え、三叉神経痛の激しい痛みを起こしにくくさせるという治療がとられることがあります。ただし、三叉神経痛に対する治療では、半数以上の患者が有効性を実感している一方で、治療が長期化するうちに薬に対する耐性ができ、次第に効果が薄れていってしまうという短所もあります。
また、カルバトールをはじめとする抗てんかん薬は、胎児への影響がゼロであるとは言いきれません。妊娠・出産を予定している女性に関しては、この薬を服用する前に医師との十分な打ち合わせを行い、慎重に治療を進めていく必要があります。