てんかんに効くジェネリック医薬品のカルバトール

カルバマゼピンという成分はNaチャネル阻害作用があり、細胞内のNa受容体に対して作用してNaイオンを遮断する効果があります。
これがどのようにてんかんに作用するのかについて説明します。
脳内ではプラスイオンとマイナスイオンが存在していて、プラスイオンは興奮のシグナルを、マイナスイオンは抑制のシグナルを出しており、Naイオンはプラスイオンなので興奮のシグナルに影響しています。
通常は細胞内はマイナスの電荷を帯びている状態であり、何らかの原因でプラスイオンの量が増えてくると分極していない状態となり、これを脱分極と言います。
一方で、マイナスイオンが増えると過分極と言います。
てんかんは突然意識を消失したり、けいれんを起こすといった症状が出ますが、これは脳の神経細胞が異常を示す事によって生じる事が分かっています。
そして、てんかんは先ほど説明したプラスイオンの量が増えて脱分極となっている状態であり、プラスイオンが多く興奮のシグナルが増えているのです。
そこでカルバマゼピンでNaイオンを遮断する事により、プラスイオンであるNaイオンがNa受容体に結びつかないようにして、興奮のシグナルを抑制する事でてんかんを抑える事が出来るのです。
このカルバマゼピンを利用した医薬品は1966年より発売されていますが、その特許が切れたために現在はジェネリック医薬品としてカルバトールという薬が安価で購入する事が出来ます。
ただ、ジェネリック医薬品のカルバトールは日本では処方してもらう事が出来ないので、個人輸入で購入する必要があります。
てんかんに悩んでいるけれども安く薬を購入したいという方にカルバトールはおススメです。
ただ、個人輸入での購入の場合、偽物が販売されているケースも多々あるために、利用する通販サイトが信頼できるかどうかを確認して利用するようにした方が良いです。