ガイドラインによるカルバトールを使った治療

カルバトールは、カルバマゼピンを主成分としているてんかんの薬です。
てんかんによって引き起こされる大発作や精神運動発作などを治療を行うことができます。
また、現在では、精神症状の治療薬としても利用されています。
カルバトールは、てんかんの他にも神経痛の治療薬として処方されることも多く、末梢神経細胞や脳神経の電位の立ち上がりを阻止することによって発作を遮断することが可能です。
さらに、近年では、ガイドラインによるとアルツハイマーなどの認知症などの改善にも効果があることから多くの方から高い信頼を得ています。
しかしながら、カルバトールの特徴として挙げられるのが即効性には期待ができないという点です。
効果を実感するまでに1週間から数週間かかることがデメリットとなっています。
カルバトールは、躁うつ病などの双極性障害などの治療にも有効です。
現在、クリニックなどで処方してもらうことも可能ですが、ガイドラインに従い使用方法を守ることが大切です。
年齢やそれぞれの症状によって服用する量も差があるため、医師や薬剤師の指示通りの飲むことが欠かせません。
カルバトールの注意点として自分の判断で服用を注視してしまうと発作が引き起こされてしまうなどのトラブルもあるため、注意しましょう。
カルバトールの副作用として挙げられるのが、脱力感やめまい、運動失調などがあります。
また、他の薬と併用する場合は、医師の指示を受けるようにしましょう。
ガイドラインに記載されている注意事項としては、カルバトールを服用している際には、発疹や日光過敏症などの皮膚トラブルの心配もあるので、このような症状が出た場合には早期にクリニックに足を運び医師に相談することが大切となります。